彼女は目を覚ました。ゆっくりと身を起こし、机の上に散らばっている大量の髪の毛を見つめていた。
彼女が身動きするたびに、彼女の肩や背中からぱらぱらと切り落とした髪が落ちる。
私はその間も、はさみを手に座り込んだまま、ただぼんやりと彼女の背中を眺めていた。
部屋は静寂に満ちていた。彼女は声を出さなかった。私も無言だった。
やがて彼女はゆっくりと振り返った。
はじめから予測していたかのように、彼女の視線は迷うことなくぴったりと私を捕らえた。
目が合った。
私は打たれたように、握りしめていたはさみを取り落とした。かしゃん、と金属音を立てて、その凶器は床に転がった。
彼女は静かに私を見下ろしていた。
私は立ち上がろうとした。けれどもうまく立ち上がれずに、結局また元のように座り込んでしまった。
私ははじめて自分の足がガタガタ震えていることに気づいた。
震えを押さえようとひざに手をやろうとして、その手も小さく震えているのを見た。
私は蛇に見入られた蛙のようだった。
何もできない哀れな私を、けれど彼女はやはり無言で見つめるだけだった。
その視線はどこまでも静かだった。
「……また、切ったのね」
彼女はつぶやくように言って、短くなった己の髪にそっと触れた。
髪に触れたその指の間から、ぱらぱらと切りくずがこぼれおちた。その様を目で追い、しばらくして彼女はもう一度口を開いた。
「……そんなに欲しかったの……?」
私ははっと彼女を見上げた。
違う、そうじゃない。そう言おうとしたが、言葉にはならなかった。
髪が欲しいわけではない。綺麗な髪が欲しかった。ただそれだけの理由で彼女の髪を切ってしまった、あの7年前の無邪気な自分は、もう私の中にはいないのだから。
ただ、苦しかった。
いつまでも彼女の髪に縛られるのは、苦しかった。
彼女は美しい。整った顔立ち、人をひきつける笑顔。そして今は私の手の中にある、つややかで栗色の髪。背中に波打って見るものの目を奪う、豪奢で美しい、この髪。
私はこの髪が憎かった。周りのものを否応なく色あせさせてしまうこの髪。
彼女の隣に立つ私は、皆の目にどれほどみすぼらしく映ったことだろう。私は私の凡庸さで、どれほど彼女を引き立たせてきたことだろう。
かつて欲しいとあこがれた彼女の髪は、今は私を惨めにさせるだけだった。
(ずっと)
(ずっと友達でいてくれる?)
幼い頃の彼女の声。
あなたの一番そばにいる人間が、他ならぬあなたによって傷つけられているというのに。あなたの存在自体が、私を惨めにさせているというのに。
あなたはそんな言葉で私を縛るの? いままでも。これからだって。
私は苦しかった。
この苦しみを、彼女に伝えたかった。
くちびるがわなないた。
「……っ」
つらかった。
つらかったのよ。
喉が震える。声が気管をせりあがってくる。
「………………………………好き…………」
その、声。
私の、声。が。

彼女は再度、つぶやいた。
「……そんなに、欲しかったの……?」
無表情に。
「私、が」


END.

 

Next Door

Home